日本国内でのレーシック実績

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。



日本国内でのレーシック実績ブログ:19-03-24

健康的な減量を目指すなら、
規則正しい生活と、食べる事は適量で1日3食が基本です。

食べる事は、腹八分目にするのが、
減量の為にも、健康の為にも良いことは当然です。

実際、食べ過ぎは胃腸に負担をかけますから、
減量でも、健康面でも、控えるべきですよね。

しかし、これに当てはまらない場合があり、
それは食欲が低下している場合と、怒りのストレスを感じている時です。

この2つの状態の時は、
減量というよりも、
基本的な1日3食を見直した方が良いでしょう。

食欲が低下している場合や、怒りによるストレスがある時は、
食欲のコントロールが出来にくくなっており、
消化機能も衰えている為、食べ過ぎるリスクが高いからです。

しかも、その摂取した食べる事の栄養素の分解が、
自分の持っている消化・吸収機能を超えてしまうのです。

つまり食べる事の摂取と、栄養の消化・吸収機能のバランスが崩れ、
太りやすくなるだけではなく、場合によっては消化器のトラブルで、
体質を壊すこともあります。

このような時は、むしろ努めて少なめの食べる事を、
ゆっくりと摂るようにした方が良いでしょう。

食べる事ストレス解消なんてもってのほかですので、
思い切って食べる事をやめ、胃や腸の休息を取るようにした方が賢明です。

また、
自律神経のバランスが崩れている時も、
無理に1日3食摂ることをお勧めできません。

ウエストがすいていないのであれば、
いつも働いてくれている消化器を休ませるつもりで、
自分が空腹を感じてから、
少しずつ食べる事を摂るほうが良いのです。

1日3食きっちり摂ることができるのは、
すべての体質の機能が正常で、健康であるということが条件になります。


ホーム サイトマップ