レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう


レーシックの手術方法を理解しよう
実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。




レーシックの手術方法を理解しようブログ:19-05-21

減量のご飯方法では
「質」が重要なポイントとなります。

ご飯の質とはそのカロリーの中身です。
いくら摂取カロリーを抑えていたとしても
脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
減量の妨げになるばかりです。

正しい栄養バランスで
ご飯を食べることがとても大切なのです。

では
どのようなご飯が減量に最適なのかというと、
ポイントは3大栄養素のバランスです。

これは栄養学の基本であり、
これを正しく理解しておかないと
減量の成功はありえないと言っても
過言ではないくらい重要です。

では、3大栄養素の中で
最も人間の身体に必要な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は人間のエネルギー源であり、
炭水化物が不足すれば人間の活動レベルも低下しますし、
減量に関しても逆効果を招くのです。
そのくらい重要ってことですね。

さて、
そこで問題となるのが減量を行う場合、
みなさま真っ先に炭水化物を減らそうとするのですが、
これが大きな間違いなんですよね。

「PFCバランス」と言う栄養比率があります。
PFCバランスは
ご飯の理想的な3大栄養素の比率を割合で示したもので、
その割合を目安にする事で健康的であり、
太りにくい食生活となる比率のことです。

現代人の食生活は欧米化による脂質の高い食生活になっており、
栄養バランスが崩れがちです。

減量でご飯に気をつける場合、
PFC比率を目安にご飯を摂ることが
理想的な食事となるのです。

減量では
トレーニングを行うためタンパク質の比率をやや重視して
ご飯することが効果的となります。

レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック