レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう


レーシックの手術方法を理解しよう
実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。




レーシックの手術方法を理解しようブログ:19-03-24

減量中、最も気をつけるべきなのは、
食事の内容ですよね?

いかに脂肪分の少ない、もしくは糖分の少ない
食事メニューにするかということに
苦心している人も少なくないことでしょう。


カロリーコントロールを常に心がけることは、
減量にとって、非常に重要なことではあります。

しかし一方で、
あまりにもストイックに減量法を実践していると、
なかなか長期戦に耐えられなくなってしまうんですよね。

減量をしようという人は、
もともと食べることが好きな人が多いはずです。

食べることが好きだからこそ、摂取カロリーが多くなってしまい、
減量が必要な体型になるわけですから…

なので、食事を制限するということは、
苦痛になってしまう可能性が非常に高いといえます。

あまりに極端な制限をすると、
心理的なストレスを増大させてしまう恐れもあります。

そこで、減量中でも、
定期的に力を抜く期間を入れる習慣をつけてみるのはどうでしょうか?

例えば、一週間に1回や2回、
自由に何を食べてもいいような習慣をつけてみることです。

一週間に何回か、
減量の厳しいメニューからいったん離れて、
自由に食事をすることができれば、
その日まで頑張ってみようという気持ちが起きますよね。

減量は先の見えない戦いですが、
自由な日を設定すれば、
そこまで頑張ってみようという気が起きるはずです。

一週間のうちに一回でも、
そういった日を設定すれば、先も見えるからです。

減量は長期戦です。

あまり最初からギアを全開にして実践をするのは長持ちしないので、
お勧めの方法とは言えません。

レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックの手術方法を理解しよう

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック