日本国内でのレーシック実績

日本国内でのレーシック実績


日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。




日本国内でのレーシック実績ブログ:19-07-06

減量についていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

減量の停滞期というのは、
頑張って運動したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

減量の停滞期は、
人間の体質に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
体質を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

体質がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる体質にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

この減量の停滞期は、
個人差はありますが約一ヶ月程度あると言われています。
減量を成功させるためには、
この一ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
減量の停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が一ヶ月ほど続くと
体質の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
減量を継続することが大切です。

停滞期に減量を中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

減量開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい体質になってしまうので、
停滞期中でも減量を続けることが大事なんです!

日本国内でのレーシック実績

日本国内でのレーシック実績

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック