もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません



もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:14-05-26


ぼくは親が結婚して間もなく授かり、
母からは、お父さんは男の子を欲しがっていた…
と聞かされていました。

でもお父さんは、
ネズミがぼくの指を齧った!と怒って
罠をしかけ、ネズミに復讐した…とか、
オムツ替えの途中の汚れたあしに「ちゅー」しようとした…とか、
マンガみたいな親バカぶりも聞かされていました。

次の年には弟が生まれ、
親はいつでも同じものを
二つ用意しなければいけなかったようです。

ママゴトのセット、クレヨン、ボール、人形…などなど
洋服も色違いのセーター、ズボン。

少し大きくなった頃に母が用意してくれたのは、
自分のセーターをほどいて作ってくれた
ニットのジャンパースカート、
弟には汽車の編みこみがあるセーター。

このころになると、
男女差と言うより個性が出て来ていて、
関心のあるものが違っていたんでしょうね。
欲しがるものもまちまちになってきました。

当時、お父さんが事業を立ち上げるために頑張っていて、
母は本当に時間を惜しんでお父さんを助け、
ぼくたちにも愛情を注いでくれました。

親は、ぼくに
「女の子らしい」ことをして欲しいと望んでいたみたいです。

可愛い洋服を着せられ、写っている写真。
七五三のために髪を伸ばし、
自毛で日本髪を結って貰ったぼくが
自宅の前でオスマシして写っている写真。

長かった髪を母は毎日編みこんでくれたり、
服装にも気遣ってくれたり…

ぼくは3歳の時に怪我をして、
小さい時はまだ左足が湾曲していて、
まっすぐ歩くのにも苦労していたので、
母としては余計に気を遣ってくれたのかもしれないですね。

できないことが多い分できることを増やしてやりたい…という
母の気持ちに添うように、
頑張り屋のぼくは形成されてきたのだと思います。

もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック