もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません



もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:14-09-08


我が家のムスコが生まれてすぐのことです。

産後、数日がたち、退院が近づいてきた日、
院長先生から、ムスコに黄疸が強く出ているので
退院できないと伝えられました。

先生曰わく、
黄疸はどの赤ちゃんでも出るものですが、
それが、強くなると脳の神経に影響して
心身障害を起こすこともあるので…

わしたちのムスコだけ居残りで、
入院して治療しましょう!ということになりました。

目隠しのテープを貼られて、
治療器の中に入れられるムスコを見て、
「かわいそう…」
そう思いながら、ムスコを残してわしたちは家路につきました。

それから数日間は、
二時間おきのペースで、病院から
「赤ちゃんが今起きましたので、母乳をあげにきてください」の電話が入り、
その連絡にあわせて妻は、
タクシーに乗って病院に授乳しにいくという生活でした。

産後で体力が弱っていた妻は
さぞ大変だったろうと思います。

初めてのお子さんということもあって、
わしも、妻も、少し不安になることもありました。
「治るよね?」
不安を消すように、そんな言葉が何度かでたように思います。

そんな経緯があったわしたちのムスコですが、
今はおかげさまで健康に育っております。

生まれたばかりの時、
健康ということに不安があった経験をした分、
今、元気なムスコを見ると嬉しく思います。

赤ちゃんですので、
ウエストが空いたり、お漏らしをすると泣きます。

それが夜更けの2時であろうと、3時であろうと、
父親の1日後が早起きだろうがなかろうが、
親の都合には関係無しに、不快になると大きな声で泣きます。

でも、
健康的な反応である泣き声が
とても嬉しいのです。

もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック