もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません



もうコンタクトレンズは必要ありませんブログ:16-10-30


減量とご飯の関係には、
深い関係があります。

普段通りのご飯量で
減量をしていこうと考える人はあまりいないと思いますが、
ご飯を摂ると太る…というのは、勘違いなんですよね。

「ご飯をする=カロリー過剰」ではないのです。

もちろん、減量するなら、
カロリー計算をして、
カロリー過多にならないようにすることは大切です!

だからと言って、
ご飯をしないと言うわけにはいきませんよね。

皆様は、
カロリーを摂らないようにと考えて、
油抜きのご飯をしたり、野菜だけのご飯をしたりしていませんか?

野菜だけを食べていては、筋肉が落ちてしまいます。
野菜を食べることは、非常に良いことですが、
同時にたんぱく質も摂らなければ、基礎代謝量が落ちてしまいますので、
体重が減らなくなってしまうのです。

また、油を抜くと
便秘の原因にもなってしまうんですよ!

便秘には、
食物繊維を摂っていれば大丈夫と勘違いしがちですが、
油も摂らないと便秘は改善されません。

減量に付きもののご飯制限ですが、
過度なご飯制限は必要ではないのです。

炭水化物、たんぱく質、脂肪の
三大栄養素を取り入れたご飯を心がけましょう!

ビタミンとミネラルを加えた五大栄養素を摂ると、
一層良いですよ!

それぞれに、決められた働きがあります。
偏った栄養ばかり摂っていたのでは、
働きが充分に発揮出来ずに、もったいないです。

減量のためには、これらをバランスよく取り入れ、
腹八分目を心掛けて、ご飯をしていくようにしたいですね。

もうコンタクトレンズは必要ありません

もうコンタクトレンズは必要ありません

★メニュー

レーシック手術の割引制度を有効活用
日本国内でのレーシック実績
レーシックの手術方法を理解しよう
そもそもレーシックってどんな治療なのか
もうコンタクトレンズは必要ありません
100%失敗しないとは限りません
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
大切なのはレーシックの実績数
安全性の高いレーシック手術
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたのその目が回復するレーシック